2012年5月13日(日)

アメダス観測地

善光寺の本堂の柱 ここは旧長岡市のアメダス観測地だ。長岡市営陸上競技場の駐車場の片隅にある。ここで長岡の気温、雨量、風速、積雪、日照量、風向きを観測している。気圧の観測は無い。

 以前は気象庁の観測所があって、サクラの開花情報もあったのだが、廃止になって数十年も経つ、月日の流れは早いものである。確か中島町だと思ったが。

 昨今の異常な雨の降りは、アメダスで観測されなくても、レーダーで観測されることが多い。それも記録的豪雨として。

 異常気象は、ここ数百年では、異常でも、数千年、数万年単位で見ると異常でもないかもしれない。それと、百年に一度の大雨や、五百年に一度の大雨が毎年降るかもしれない。

 人類がかって経験したことのない、台風が発生するかもしれない。人間はその対策には無力である。地震でもそうだった。たぶん火山活動でも。

人類は自然には逆らえないのである。それを乗り越えて生き抜く知恵が必要でなのである。

気候の関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirosuketokuhon.com/mt6/mt-tb.cgi/371

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)