2012年2月29日(水)

明日から三月

千秋が原 明日から三月。美松のサンキューまつりも今日で終わり。今年は閏年なので一日儲かったのか、損したのかわからない。今日は天気も良く三月の下旬のような陽気だ。暦の上では春だが、早く本当の春が待ち遠しい。

 東京では雪が降ったらしいが新潟から見れば可愛い物である。関東では大変だろうが。

 気象の上ではようやく冬が終わり、春の気圧配置になりつつある。あの移動性高気圧だ。寒い日と暖かい日が交互にやってくる。南岸低気圧がくると通る位置によって関東に雪が降る。そしてそれが発達しながらオホーツク海で大暴れし冬型になる。毎年の繰り返し。

 気象に精通している人は各種の資料で予測できる。でもその通りにならない。それが科学と自然のスケールの違いだ。

 だから地震の予知も難しい。兆候はわかるかもしれないが。

 

2011年3月13日(日)

春近し

信濃川遠景 信濃川の左岸の土手を散歩してみた。雪消え待ち遠しいこの頃。雪が消えたからって何をやるというわけでも無いけれど。

 でも雪消えは、待ち遠しいのだ。雪国の人間はそういう物なのだ。特に大雪の年はなおいっそうなのだ。

 子供は雪が大好きだそうだが、大人は違うのだ(大部分を除く)。

 

 

  

2010年4月15日(木)

季節外れの...

季節外れの... 今朝起きたら、車のフロントガラスにうっすらと雪が積もっていた。

 今の時期としては珍しい。と言うか初めてである。記憶にある限りでは。

2008年11月20日(木)

初雪の翌朝

初雪の風景 昨夜から降った初雪が数センチ積もった。

 例年だと初雪でこんなに積もることはない。

2007年12月 5日(水)

山沿いは雪景色

 この冬一番の寒気の影響で山間部を中心に雪景色になった。

 まだ12月の上旬だというのに。長岡近辺は朝白くなったが、夕方には消えた。