タグ「気象」 の検索結果(1/2)

2013年1月 1日(火)

恨めしい雪

雪は降る 元日早々雪の朝を迎えた。早朝除雪車が出ていた。頭が下がる思いである。何とか新しい年を迎えたが、今年もあまり良い年にはなれそうもない。昨年もあまり良い年ではなかった。

 結局、山にも行かなかった。行く気分にもなれなかった。早くこのスランプから抜け出したい。正月早々暗い話ばかりだ。でもただ一人おいて行かれた姪っ子のけなげな姿だけが、癒やされる。それだけが救いだ。

2012年12月23日(日)

もうすぐ新年

蒼柴神社 今年は雪の降りが早かった。大雪だった去年より初雪は遅かったが積もり方は早かった。この降りだと、久しぶりに年内に雪下梅である。雪国に住んでいても雪は嫌なものである。何年住んでも嫌なものは嫌なのである。

 前の日の天気予報で、憂鬱になり、朝起きて雪を見て憂鬱になる。こんな生活をもう数十年続けている。雪の降らない地方に移住したい。いろいろなしがらみがなければ。

2012年8月29日(水)

夏の終わり

寺泊海岸 家族に頼まれてカニを買いに行かされた。今年に夏は暑かったが、さすがにもう泳いでいる人はほとんどいなかった。

 でも今年の夏は本当に暑かった。和室のエアコンが壊れ、年寄りの部屋なので、いろいろ心配なので入れ替えをして買った。修理の見積もりが2.3万円くらい、買ってから九年目、たぶん寿命だろう。しょうがない。人間と一緒で機械もいつかは寿命が来る。

 恐ろしや恐ろしや。

2012年5月13日(日)

アメダス観測地

善光寺の本堂の柱 ここは旧長岡市のアメダス観測地だ。長岡市営陸上競技場の駐車場の片隅にある。ここで長岡の気温、雨量、風速、積雪、日照量、風向きを観測している。気圧の観測は無い。

 以前は気象庁の観測所があって、サクラの開花情報もあったのだが、廃止になって数十年も経つ、月日の流れは早いものである。確か中島町だと思ったが。

 昨今の異常な雨の降りは、アメダスで観測されなくても、レーダーで観測されることが多い。それも記録的豪雨として。

2012年4月 8日(日)

アオーレ長岡

アオーレ長岡 今日もアオーレ長岡に来てみた。朝の積雪でどうなるかと思ったが、きれいに片付いていた。昨日に続いての積雪で、今年はどういう年なんだろう。

 今日も混んでいた。昼時に行ったので、ラーメンの行列はすごかった。大手通の混雑ぶり(アオーレ周辺だけ)は久しぶり。長岡祭りの前夜祭と米百俵まつりは除いて。

 

2012年4月 7日(土)

本格の雪

アオーレ長岡 やっとアオーレ長岡がオープンした。今朝の雪でどうなるのだろと思っていたが、きれいに片付いていた。さすがに、長岡花火を間に合わせた経験が物を言うと思う。

 大勢の人がいた。列が並んでいた。

 市役所の機能が全部移るのかと思っていたが、違うようだ。

 全面硝子張りで、地震等の時は大丈夫なのだろうかと思った。一応構造計算をしてあると思うけれど。

2012年4月 6日(金)

四月の雪

雪模様 まだ雪が降ってくる。

 なごり雪ではなく、本格的な雪だ。もう4月なのに、今年はどういうんだろう。昭和50年代にも一度こういうときがあった。

 遙か昔だ。タイヤ交換をしたひとは大変だと思う。

 まだやって無くて良かった。今年は替え時が難しい。まぁ焦らずに頃合いを見よう。

2012年4月 3日(火)

長生橋遠景

長生橋 今年は大雪のためか、所々で雪が残っている。特に日陰の屋根の軒下や、道路脇等。さすがに生活道路の雪はもう無い。

 遠くの山々は雪が残っている。

 でも今年は、四月でも時々雪が降り、気温も低いのでタイヤ交換のタイミングがつかめない。

 もう丸五年使っていて、そろそろ寿命が来て履き潰しでも良いが、燃費が悪くなる。

 今河川公園は、昨年の大雨の影響の復興作業をやっている。長岡花火だけは何とか間に合わせたが、スポーツ広場はだめだった。

2012年2月20日(月)

除雪車

除雪車 この付近は、町内会や班のまとまり具合によって、消雪パイプのあるところと無いところがある。通学路があり、病院があり、スーパー等があるので消雪パイプがあると便利だと思うのだが、人それぞれ考えと、金銭的な考えがあるので何ともいえないが。

 今年の大雪では地下水が涸れた井戸があったが、幸いにも我が町内は未だに涸れないでいる。

 道が狭くなると除雪車や消火栓確保の消防自動車が対向してくるとすれ違いに難儀する。それでも昭和50年代の大雪に比べたら大したことでは無いのだが。

 あの頃は舗装のひびに入った水が冷え込みで凍り、日中の消雪パイプの水で融け、また凍りの繰り返しで道路のあちらこちらで穴が開いてた。

 町内会によっては道路を通行止めにして一斉に雪下ろしをしたところもあった。業者が間に合わず町内会で雪下ろしをした老人の家もあった。あの頃は大変だったがまだ若かった。

2012年2月16日(木)

つかの間の晴れ間

お日さま 新潟県は今の時期はこのような太陽の日差しを拝むことができるのは珍しい。

 もう一月もすると、この辺も暖かい日差しが続くようになる。でも今年は大雪なので、四月まで雪は残るだろう。

 市内の生活道路は、雪の山になっている。すれ違いのできない道路もある。交差点は雪の山で、見通しがきかない。だから、ちょっとした用事は健康もかねて歩いて行くことにしている。今月は自動車の走行距離はわずかだ。

 でも、甥っ子姪っ子が帰ってきたら、あちこちへ足代わりに使われるので大分ガソリンを消費することになるのだが。

2012年2月13日(月)

雪の山の歩道

歩道除雪 これだけ雪が降り続くと、雪のやり場に困る。特に、屋根雪や道路除雪の雪。上の写真は歩道であるが、左側が民家、右側が道路である。右側の雪は優に2.5メートルくらいはある。こんなになるのは久しぶりだ。

 今は歩道除雪されているが、以前は歩道除雪は無く、踏み固められた雪の一本道だけだった。その道を、大人も子どもも行き来していた。反対側から人が来ると少しよけて先に行かせたり、また道を譲られたりしていた。30年程前のことだ。

 中心街はアーケード(雁木)があるが、この辺はそんな洒落た物は無かった。だから通学は大変だった。

2012年2月 9日(木)

もうこんなに...

二階から 先週雪下ろしを終わらせたばかりなのに下屋はもうこんなに雪が積もった。此の分だと週末は下屋の雪下ろしになるだろう。平年の約2.5倍。去年の約1.2倍。去年も大雪だったが、今年はそれ以上だ。

 何時までこの雪が続のだろう。雪国に住んでいても、毎年降る雪は気が滅入ってくる。長岡市に住んでいてもこう思うのだから、魚沼地方の山沿いはもっと大変だろう。

2012年2月 5日(日)

雪下ろし

屋根上から 昨日、今日と雪下ろしをした。以前の家なら周りに落とし放題だったが、今の家はそういうわけにはいかない。ほとんどを前に持って行かないといけない。大変である。

 若くて体力がある頃だったら、二人で一日で終わっただろう。だが今はそういうわけにはいかない。でも去年は三日かかったような気がする。

 回りを見渡すとあちらこちらで雪下ろしをしている。自分たちでやっている家。業者に頼んでやってもらっている家。みんなが必死だ。

2012年2月 2日(木)

ホワイトアウト

猛吹雪 昨日の天気は、この時期としては穏やかだったが、今日は一転して大荒れだ。前が見えないような猛吹雪だ。こういうときの運転は怖い。前が見えないからだ。

 このような時は、家で暖まりながらテレビを見ていたいが、仕事や野暮用等で出かけなければならないときは大変だ。去年も大雪だったが、今年も大雪のようである。

 我が家も今週末に雪下ろしをしないとだ。あまり溜めると後々大変だ。下ろすタイミングが難しい。

2012年1月27日(金)

積り出す雪

雪模様 去年に続き今年も平年以上の積雪がある。約二倍だ。

 自然現象に人間は勝てない。被害を少しでも少なくすることが肝要だ。そろそろ雪下ろしを始めてる家もある。山古志や津南などはもう何回雪下ろしをやっているだろう。大御苦労なことである。毎年のことだが仕方が無い。

 長岡近辺は、主要道路やスーパー、コンビニ等地下水で融雪しているところが多いので助かる。柏崎や新潟等は風が強く消雪パイプが無いので車での移動が大変だ。

2011年2月 8日(火)

2月は好天気

やまごにて 1月は雪続きで雪下ろしをしたというのに、2月には行ったら好天気続きだ。無理して雪下ろしをしなくても良かったような気がする。

 でもこれは仕方が無い。人生はこういうものだ。

2011年1月27日(木)

久々の雪下ろし

屋根雪 地球温暖化は何処吹く風のごとく大雪になった。辺り近所では、雪下ろしを始めたところがある。

 雪国は、雪で倒壊するよりも、積雪時の地震が怖い。だから早めに雪下ろしをする。重労働だ。

 でも雪国の宿命だ。これがあるから、春の息吹が待ち遠しい。

2010年4月15日(木)

季節外れの...

季節外れの... 今朝起きたら、車のフロントガラスにうっすらと雪が積もっていた。

 今の時期としては珍しい。と言うか初めてである。記憶にある限りでは。

2010年1月16日(土)

雪道散策

 

長生橋の歩道 久しぶりに冬の長生橋の歩道を歩いてみた。

 以前より融雪の具合が良いような気がする。

2010年1月14日(木)

通行障害

 

渋滞中の車内から撮った風景 今日、国道8号線を柏崎方面から長岡方面を走行中刈羽村近辺で流れが止まった。

結局5時間も待ちぼうけを食らった。

 

1   2