2008年10月19日(日)

角田山(5)

2008年10月19日   晴れ

稲島コース駐車場

今年初めて山歩きをした。
 本当は、苗場山か平票山でも登りたかったがいきなりきついと思ったので足慣らしのつもりで登った。

 

 

 



 

稲島薬師堂 駐車場から登って2,3分で稲島薬師堂に着く。途中家族連れや老夫婦等に出会う。家族連れはもう年下の夫婦ばかりだ。歳をとりたくないものである。

2007年4月15日(日)

角田山(4)

 

2007年04月15日   薄曇り


角田山


二年ぶりの山。
 日頃からどこかに登ろうと思ってはいるが、気力がなく二年の間が空いてしまった。

 前日は強風のため今日登ることにした。
 この稲島コースは、初めてなので、前日から地図を確認し、カーナビに住所を登録し、間違わずに来た。カーナビは便利なものである。

 駐車場に着くと、マイクロバスが何台かいた。
手頃な里山なので大勢登る。(特に中高年のご婦人方)


角田山





 久しぶりに聞くウグイスの声。
 心地よい風。
 ゆっくり、写真を撮りながら登る。
 所々にカタクリ、ショウジョウバカマが咲いている。
 本当は雪割草の頃に登りたかったが、仕方がない。
 途中で団体を追い抜く。


角田山


頂上はあまり人はいない。
 2,3分休んですぐ下山する。
 下山しながら、次はどこに登ろうか考える。 角田山の別のコースにするか、弥彦山にするか、白山にするか。
 久しぶりに登っても、ゆっくり登れば何とかなるものである。

 



往復稲島コース
 (駐車場 8:30→9:31 頂上 9:34→10:19 駐車場)

2005年4月10日(日)

角田山(3)

2005年04月10日   晴れ

角田山

久しぶりの登山で、1年ぶりの角田山だ。

 本当は昨日の午後から登る予定だったが、野暮用で登れなくなった。今回は、無線機と地図を持たず、足慣らしのつもりで登った。

 

 

 

 

角田山

中、雪割草やカタクリが咲いていた。特にカタクリの群生地は大層きれいだった。途中幾つかの団体を追い抜き後10分で頂上という所で携帯が鳴った。お客からだった。


 

 

角田山

このまま頂上まで登り、電話をかけ直すと納品の要請だ。仕方なく頂上に10分程いて下った。

何組かの数十人の団体にすれ違い暫く下っていると、十人くらいのオネイサン(おばさんではない)達が登ってくるので、道を譲ったら、「すいません。カメラに詳しいですか」と声を掛けられた。「何でしょうか」と答えたら、フイルムを変えたらシャッターが下りなくなったとのこと。
 よく見たらデジカメで、ライトプロテクトと表示されていた。
メモリーカードを抜いてプロテクトを解除するとシャッターが下りた。
最近のメモリーカードは色々な物が出てきていると思った。
相変わらずの団体達に出会い、やっとの事で下りたら、駐車場に6.7台の大型バスが止まっていた。やはり、多くの人が登る山だと思った。
余談ながら、お客の所に行く途中に見えた越後三山は雪がきれいに映っていた。

往復桜尾根コース
(駐車場 8:47→9:53 頂上 10:05→11:07 駐車場)

2004年3月28日(日)

角田山(2)

2004年03月28日   晴れ

角田山

登り 桜尾根コース 下り 灯台コース  先週に続いての角田山。あちこちにカタクリの花。天気も良く気分は最高だった。でも帰りは、団体の行進だった。

(角田浜の海水浴客用大駐車場 8:08→9:18 頂上 9:26→11:03 角田浜の海水客用大駐車場)



 

2004年3月21日(日)

角田山

2004年03月21日   晴れ

往復 桜尾根コース

 10年ぶりぐらいの角田山知らない間に木道ができていた。確か昔はなかった気がする。雪割草がきれいだった。

(角田浜の海水浴客用大駐車場 9:10→10:22 頂上 10:41→11:52 角田浜の海水浴客用大駐車場)