2006年3月21日(火)

春愁の候

 待ち遠しい春の足音が一歩一歩近づくこの頃、如何に送ろうかと思案している。