2008年2月12日(火)

母親の死

 昨日、午後5時23分に母親が亡くなった。満70歳だった。あと40日で71歳になるはずだった。

 2月3日の午後四時半頃救急車を呼んで、入院させた。

 ひどい浮腫があった。たぶん腎臓の病気だと思った。検査の結果ひどい貧血だった。ヘモグロビンが5程度しかなかった。栄養失調状態でもあった。入院の翌日胃の検査をしたらひどい出血性の潰瘍があった。輸血をしてもらったら浮腫もなく、顔色もよくなった。

 2月9日の先生の説明では、貧血も良くなり、連休明けからおかゆが食べられるようになるといわれた。早ければ今月中にも退院できるともいわれた。

 だから昨日午後4時頃急変したとの連絡をもらったときはまさかと思った。

 病院に着いて、これまでの経緯を聞き、見守った。午後5時21分先生は残念ですがと言う、そのときまた心電計が触れた。先生は再び心臓マッサージを続けた。やがて最後の瞬間がきた。

 最後の2分は母の無念さが現れたのだろう。

 『家庭が大事。体が基本。無理は禁物。』、『美味しいものを食べて長生き、長生き』と毎日言っていた。

 母が亡くなる2週間ほど前いろいろあった。これが死を早めたのだろうか。今となっては判らない。

 ただ冥福を祈りたい。

 

私的好奇心の関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirosuketokuhon.com/mt6/mt-tb.cgi/275

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)