2013年12月26日(木)

映画鑑賞

かぐや姫の物語

 某所で映画の平日無料招待券が当たったので、映画を見に来た。何を見ようかと思ったが。本当はもうちょっと早く当たっていれば『風立ちぬ』を見たかったがもう公開が終わっていた。そこで『かぐや姫の物語』を見た

 映画館には滅多に来ない。招待券が当たったときにしかこない。だから年一本程度しか見ない。前回は『東京家族』。その前は『この空の花』...。

 平日のためか、さほど混んでなかった。

 ストーリーは、細かい部分は多少脚色されているが、基本的に竹取物語に沿っている。だから、見ているうちに、昔読んだストーリーを思い出す。最初、画像を見たとき、ちょっと違和感があったが、慣れてくると気にならない。却って、この画像がすこぶる良い。上映時間は長い気もしたが、こんなもんだろうか。キャラクターも良かった。

 この映画を見て、改めて原文(写し本。原文も作者もわかっていない。)を読んでみると、ストーリーの高尚さが見て取れる。人間の卑しさや、愚かさが表現されている。月が高貴な所だとしても、地上を否定しない。読めば読むほど奥深い。また難しい。人生の教訓のようだ。時にはこういう作品も良い。心が、洗われる思いがする。

 翁が派手な暮らしをせずに、慎ましく暮らしていたなら、かぐや姫の一生が、変わっていたのだろうかと思う。人生の一生も同じ。あの時ああしておけばと、後悔だらけである。>

私的好奇心の関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirosuketokuhon.com/mt6/mt-tb.cgi/422

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)