2011年1月27日(木)

久々の雪下ろし

屋根雪 地球温暖化は何処吹く風のごとく大雪になった。辺り近所では、雪下ろしを始めたところがある。

 雪国は、雪で倒壊するよりも、積雪時の地震が怖い。だから早めに雪下ろしをする。重労働だ。

 でも雪国の宿命だ。これがあるから、春の息吹が待ち遠しい。

 久しぶりに雪下ろしをすると、こつを忘れて計が行かない。年の所為か腰も痛い。スコップが非常に重く感じる。

 亀の歩みのごとく、ゆっくりゆっくり少しずつ片付けていく。回りを見渡すと5.6軒雪下ろしをやってる。

 ご苦労である。 

毎年のことだが、春になると消える雪に多額の費用を出費している。消雪パイプ、除雪費等何かいい知恵でも無いものか。科学は進歩しているのに。

私的好奇心の関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirosuketokuhon.com/mt6/mt-tb.cgi/330

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)