2011年12月13日(火)

ユニオンツールのイルミネーション(2011)

イルミネーション 例年恒例のユニオンツールのイルミネーションが今年も点灯した。また例年のように、大勢の見物人がいた。この時期はこれを見ないとクリスマスを迎えることができない。

 クリスマスに何かをするわけでは無いのだけれど。反対側の味のれん本舗もイルミネーションが点灯していた。

 今年は、震災の影響による節電等で自粛されているところがあるが、これを見て自粛ムードを吹き飛ばす人もいるだろう。

2011年11月 3日(木)

美松のサンキューまつり(米粉)

シュークリーム 今年も、米粉の美松のサンキューまつりをやっていたので、寄ってみた。朝一番に並んでいると、紙コップに入った飲み物をごちそうになった。名前はわからないが店内で購入できるとのこと。

 去年はこのサービスは無かったと思うけれど、寒い中で待っていると心がちょっと安らぐ。二月の時はこのサービスはあるのかしら。

2011年10月13日(木)

苗場山(2)

2011年10月13日   晴れ

町営駐車場

 今年初めて山歩きをした。
 いきなり苗場はどうかと思ったが、たぶん今年最初で最後だと思うし、天候も良いようだし、平日でさほど混んでいないだろうと思って、朝5時に自宅を出発し、高速を湯沢に向かった。
 関東方面からは国道17号沿いのみつまたスキー場のロープウェイの駐車場の脇の和田小屋入口は先頃の台風に影響で道路損壊のため大島橋の方から山道に入って町営駐車場に向かう。

 

登山口から上を望む 駐車場から苗場山の登山口まで車道を2.30分ほど歩いて登る。帰りはこの距離が結構つらい。

 

 

 



紅葉の様子

途中の山肌の紅葉の様子 。もうすぐ下の芝に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10年ぶりに苗場を登ったが、以前はこんなに木道は無かった。

 

 

 

 

 

下の芝から下の芝から平票山方面を望む。昨夜小屋泊まりの人の話では、眺望が良かったそうだ。

 

 

 

 

 

 

 


 

股スリ岩 股スリ岩は以前は梯子があったが今は岩に刻みがあって通りやすくなっている

 

 

 



 

頂上を望む 神楽ヶ峰から頂上を望む。ここまで休みながら駐車場から3時間くらい掛かっている。非常にばてた。年には勝てない。後一時間くらいで頂上だ。もう一息。ここで途中に追い抜いてきた二組のグループに追い越される。体力不足を感じる。

 

 

 

 



池塘池塘が見えてきた360度山だらけ 。天気が良ければ、アルプスが見えるだろう。ちょっとガスが掛かってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上

やっと頂上に着いた。人数は20人くらいだろうか。肌寒くなってきた。手元の気温計は13度くらい。体力のことを考えて早めに下山を始める。

 

 

 

 

 登りは時間をチェックしていたが、下りはそんな余裕も泣無く、何度も休憩しながら、下った。

 上の方は紅葉は終わっていたが、下の方は終わりに近づいていた。

 

 

 

 

 

 

 
 

(駐車場 7:12→  7:29 登山口 →  8:37 下之芝 8:49 → 9:17中之芝  9:27 → 9:59 股スリ岩 → 10:08 神楽ヶ峰 10:24 →11:58 頂上 12:30 → 16:20 駐車場)

 

2011年10月12日(水)

秋山郷2

三合目登山口

 再び秋山郷に来た、前回の先に行くと看板がありその道を行くと無事三合目の駐車場に着いた。広い駐車場だ。昼過ぎに着いたら。県外ナンバーを含め数台の車が止まっていた。小屋止まりをするのか、早朝登山の日帰りなのかわからない。

 このあたりは紅葉が綺麗になっていた。

2011年10月10日(月)

秋山郷

紅葉風景 天気も良く、時間に余裕があったので、秋山郷方面に行ってきた。本当の目的は、苗場山に登るための駐車場や駐車場までのルートを確認するための下見である。

 以前知人から、湯沢から登るより、小赤沢の方が登る距離が短く楽だという事を聞いたのでその下見だ。

 いきなり行って道を間違え時間のロスするよりは、と思って出かけた。

 途中秋山郷付近は道路工事等で片側交互交通の箇所が数カ所あり、また、離合困難箇所で大型バスとのすれ違え等苦労した。

2011年10月 1日(土)

SL信越線開業125周年

C57 180

 今日は長岡駅から直江津駅間で、明日は新井駅から長岡駅間でSLが走る。SL磐越物語号で使われている車輌だ。昔はSLが全国で見られたものだが、今は一部の観光用しか見られない。

 子供の頃から乗り鉄だったのでこういうのは懐かしい。 写真機があれば撮っておけば良かったと思う。

 その影響で今でも、県外に出たときには、時間があればいろいろな路線や車輌に乗る。写真を撮る。

 飽きない。いつかは車輌を動かしてみたいと思う。